秋のお彼岸です。

彼岸入りは、9月20日(水)
彼岸中日は、9月23日(土)秋分の日
彼岸明けは、9月26日(火)

お彼岸は春と秋との2回あり、春分・秋分の日を中日(ちゅうにち)とし、前後3日を合わせた7日間をいいます。
ご先祖さまや自然に感謝をささげる仏道精進の期間で日本独自の仏教行事です。
お彼岸にはお寺の法要やお墓参りに行き、亡き人へ思いをはせ、感謝のまことをささげます。

秋のお彼岸は、秋分の日を中心とした前後一週間のことです。仏教では「西方浄土といって西に極楽があると考えられています。
そのため、太陽が真西に沈む「秋分の日」にその極楽浄土にいるご先祖様を敬いご供養を行います。

お彼岸の迎え方
●家庭では仏壇を掃除し、新しい花や季節のもの、おはぎ、彼岸団子などをお供えして供養します。
●お墓参りに行き、お墓を掃除して、お花、お水、果物やお菓子をお供えします。

古くは聖徳太子の頃から始まったともいわれ、古い記録では『日本後記』に「延暦二十五年三月辛巳の条」に、「奉爲崇道天皇。令諸国国分寺僧春秋二仲月別七日。讀金剛般若經」とあり、崇道天皇(早良親王)の供養の為に諸国の国分寺の僧を集め、法要をしたことが記され、彼岸のはじまりとする説もあります。
農耕文化の日本では古来より、昼夜の時間が同じで、真東から太陽がのぼるこの時節に自然の恵みに対する感謝をささげる風習があり、これらと仏教の教えが結びついたと考えられています。

【「彼岸」言葉の意味】
彼岸とは、「彼の岸」すなわち「悟り、涅槃の境地」を意味し、その語源は、サンスクリット語「パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳語「到彼岸」からきています。
煩悩と迷いの世界である「此岸」から悟りの世界「彼岸」へ到達するために、「六波羅蜜」の修行を行ないます。彼岸はその修行をするための期間でもあります。

【お彼岸 よもやま話~その1】
秋のお彼岸はよく「おはぎ」が御供えされます。「おはぎ」は萩の花にちなんで名づけられており、春のお彼岸には「ぼたん」にちなんで「ぼたもち」と呼ばれます。

〇ぼたもち、おはぎって?
ぼたもち(牡丹餅)とは、うるち米と餅米を混ぜて炊き、米粒が残る程度について俵状にまるめ、あんをまぶした物。
甘味を口にする機会の少ない時代にはごちそうであり、来客のもてなしや田植えの後の寄り合い、子供のおやつ、また法要の際などに供されました。
同じ食べ物を、材料の調理の仕方で呼名が、ぼたもち(牡丹餅)、はぎのもち(萩の餅)、またはおはぎ(御萩)とも呼び、ぼたもちとおはぎとの区別はしだいに薄れてきています。
春…牡丹餅(つぶあん) 春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた小豆あんの様子 を、牡丹の花に見立てたことからの呼名。
秋…御萩(こしあん) 牡丹餅と同じく、小豆あんの様子を秋の彼岸の時期に咲く 萩の花に見立てたことからの呼名。

【お彼岸 よもやま話~その2】
秋の彼岸になると、田んぼや畑に咲き乱れる彼岸花(ひがんばな)。別名、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)ともいわれ、燃えるような真紅の花は目をみはるものがあります。
子どもの頃、彼岸花を「さわってはいけない」とか「もって帰ると火事になる」などと言われた方も多いと思いますが、それは球根に毒性があるということと関係があるようです。毒は有るものの、非常時には薬になったり、救荒作物としての役割を果たしたそうです。また、あぜ道に植えると、毒によりミミズが生息せず、ミミズを餌とするモグラも近寄らないとか。稲作の伝来ととも日本の各地に広がりました。